飛助の性能を、その目でお確かめください。

デモフライト承ります!

「飛助」特許取得の独自散布システム

国産だからこそできる、日本に適する”耐久性と能力”

「日本の圃場で本当に役立つ機体」をコンセプトに、農家さんの目線でより進化・発展した2020年型モデルが誕生しました。
強固なフレームと、暑い夏に対応するためにも強力な冷却性能が必要になります。また山間地など狭い場所の飛行も求められ、ブレーキ・ホバリング性能の高い機体が必要です。
散布する薬剤に応じて、粒剤散布装置にも簡単に付け替えが可能で、あらゆる現場に対応できる、それが「飛助」です。

飛助性能

4枚プロペラ機だからこそのメリット

例えば8個あるいは、6個のモーターを使用する機体は概ね21インチプロペラを採用していますが、4個モーターの飛助は30インチの大きなプロペラが使用できます。国立研究開発法人の実地試験でも「プロペラがより大きいほど降下気流内に薬剤を留めて散布することができる。」と結果が出ています。

最大の特徴は「薬剤を抑え込むような散布」

特許取得のマゼックス社独自の散布システムにより従来の約2倍のダウンウォッシュを確保し、小型ドローンでも無人ヘリと同等の散布性能を実現しました。2つのポンプを装備し、前進時は前側ノズル、後進時は後側ノズルから吐出するように進行方向によって自動制御されています。
この制御により、前側のプロペラで吹き下ろされ後方に流れる薬剤を、後方側のプロペラの風圧によりさらに下方向へ押さえつけることができるため、安定した、かつ効果的な薬剤散布が可能となります。
つまり、薬剤を逃がしにくくして稲はもちろん、大豆などの固い葉裏や根までも均一に散布でき、ドリフト低減にも有効です。
※ドリフト:散布した薬剤が目的外の作物等に飛散・付着する等の現象

実際の農薬散布業務で確認したその性能

弊社ではこの「飛助」を使用した農薬散布業務を、地元農事組合法人様等からの受託にて実施しており、その散布性能、機体の堅牢さ、メンテナンスのしやすさ等について、経験に基づいた確かな手応えから、自信をもっておすすめいたします。

液剤散布進行方向のノズルのみで散布する独自の散布方式
(弊社で実施した実際の薬剤散布作業での様子)

飛助MGと飛助DXの違いは?

飛助MG、及び飛助DXについては機体の構造、性能等については全く同じですので、実際の散布業務おいて何ら異なる点はありません。
※弊社で運用中の機体は「飛助DX」となります。

飛助MGは一般社団法人農林水産航空協会(農水協)の認定機、飛助DXは非認定機という点で異なるのみです。
農水協認定機である飛助MGは、機体の購入時には必ず農水協指定の教習所での教習受講(約18万円程度)が必要で、機体のお引き渡しについても認定証発行後となるため、実際に購入~散布までの間に2~3ヶ月程度の期間を要する事もあり、お急ぎの場合は注意が必要です。
※その他、農水協認定機は年間1回の年次点検が必須となります
※飛助DXご購入後、有償にてMGへの変更も可能です。

飛助MGと飛助DXはなにが違うの?(株式会社マゼックス)

飛助本体・オプション品価格

運用開始には飛助本体とバッテリー・充電器セット(Aセット・Bセットの何れか)が必要となります。
※商品価格改定のお知らせ(株式会社マゼックス)

飛助本体

本体・プロペラ・送信機がセットになります

飛助MG/DX本体 980,000円(税抜)
粒剤散布装置

粒状剤の散布にご利用下さい

粒剤散布装置 105,000円(税抜)

 

飛助バッテリーAセット

運用には最小限でもこのセットが必要です

バッテリー・充電器:Aセット 168,000円(税抜)
飛助バッテリーBセット

連続した散布にはこちらのBセットをおすすめいたします

バッテリー・充電器:Bセット 334,000円(税抜)

 

専用ケース

保管・移動に大変便利

専用アタッシュケース 48,000円(税抜)
飛助バッテリー

飛助MG/DX専用バッテリー

追加リポバッテリー 64,500円(税抜)
実機のご見学、デモフライトのご依頼を承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

有限会社アミーズ

PAGE TOP